A beautiful theme

Isn't WordPress cool?

Shine

Cool eh!

Giving you rotating images in the header with links

Churches

A Header Slideshow

And link to anywhere from the image...

Civic Involvement

Beautiful...

Wow!

Action

Sidebar 2

  • You can use the RS Event plugin for this section.
  • OR use Sidebar Widgets to change the content.

外貨両替はどうしてますか?

11月 25th, 2015 by admin | 0

意外とお金が掛かってしまうのが外貨の両替ですね。海外旅行に行くために、円をドルに変えたのだけど、意外と使わないままに戻ってきて、いざ、円に戻すとなると…!ビックリするぐらい、手数料だけで取られて、なんなんだ!?と思った人も少なくないはずです。

両替には、銀行を使うのが当たり前、と思っている方も多いでしょうが、実はそうとも限りません。なんと、手数料という意味で言えば、FXを利用した方が、お得になる場合が多いのです。

もちろん、FXを扱っているところであれば、どこでもいいのか?と言えば、そういうわけでもありません。FXの証拠金取引だけを行っていて、両替に対するサービスを行っていない会社もありますので、注意が必要です。

また、FX会社にしても、①銀行で外貨を引き出すときにかかる手数料、②銀行へ外貨を出金するときにかかる手数料、③銀行で外貨を受け取るときにかかる手数料など、いつどこで、どれぐらいの手数料が必要なのか、明確にしてくれているところを選ぶべきでしょうね

当然、ほんの数万円、という単位であれば、どこで両替を行っても、それほど差がない場合があります。ある程度、まとまった金額の両替が必要だと言うときにこそ、FXの利用が生きて来るのだと思います。

高金利通貨は、どこにある?

11月 16th, 2015 by admin | 0

スワップポイント(差益)を狙った取引においては、当然、高金利で取引が出来る通貨を、リストアップする必要性が出てきます。もちろん、FX会社が、扱っているものに限られますので、ある程度、対象は限定されていますが。もし、いまの段階(2015年10月)で、人気の高金利通貨を挙げるとすれば、だいたい、こういうランキングになるのではないでしょうか。

1位.トルコ(リラ)。2位.南アフリカ(ランド)。3位.中国(人民元)。4位.ニュージーランド(ドル)。5位.オーストラリア(ドル)。

これは単に、高金利のものから順に並べたランキングですので、それぞれの変動リスクや、その幅を見積もりながら、投資することは絶対です。例えば、いくら低金利で安定した日本円を売って取引を始めると言っても、差益の関係は、いつでも一定とは限りません。日本の事情だけではなく、相手の国の情勢変化で、二国間の差益は、いくらでも変化し得ます。安定性という意味では、ムーディーズなど、格付け会社が出しているものも、参考になるかもしれません。

いくら高金利、狙い目、スワップポイントが高めに設定されていると言っても、通貨そのものの安定性に問題がある場合は慎重に検討する必要が出てきますね。

トルコ経済への投資、若干のリスク

11月 12th, 2015 by admin | 0

低金利安定の日本円と比して、金利政策7.5%と高金利のトルコリラは、FXを使った個人投資家たちに高い人気を誇っています。スワップポイントを見越した投資は、レバレッジ効果、わずか2倍で、実質的な金利は15%もになるわけですから、確かに魅力が無いわけありません。

しかし、同時にトルコ経済を取り巻いているリスクを考慮しなければ、中長期的な資金を、盲目的に注ぎ込むことは出来ません。リスクという意味で最初に挙がるのは、トルコ経済そのものの成長率が、明らかに鈍化しているという事態です。一部の指標によれば、トルコでの失業率は10%で高止まりしているともされ、かつての新興国らしい勢いは、だいぶ収束してきた感があります。

この経済的状況から派生する、政府の政策や、経済情勢の変化を、ある程度、注目してみておかないと、急なトルコリラの値動きに対応できなくなる怖れがあります。

もう1つ、最近、大きなリスクとして出てきたのは、中東など周辺国との兼ね合いです。過去を見ても、政治情勢の不安定や、交戦などが起きてしまった場合、トルコリラの値動きに少なくない影響が及ぶことは、明らかです。中長期に構えて投資を行うのであれば、これら、流動的な情勢に、常に注意を払わざるを得ないでしょう。

やはりトルコリラが熱い!!

11月 8th, 2015 by admin | 0

FXでの取引に乗り出した方であれば、絶対に注目しておきたいのが、トルコリラの動きです。
トルコリラfx.net
むしろ、FX初心者の方でも、このトルコリラでの取引を始めたいがために、口座を開設する…という方もいるぐらいだと聞きますから、相当な注目度です。

トルコリラ投資への魅力をまとめると、簡単には2点に絞られます。1点目は、値動きの幅が大きく見込めるため、その流動性ゆえに、タイミングを見極めた投資が、大きな効力を発揮してきます。リーマンショック以降、極端な円高が続いてきたトルコリラですが
値動きがもともと大きいということもあり、テクニカルチャート指標などを参照しながら、「いま」が底値なのか、さらに下落し得るのか、根拠を持って見極めていきたいところです(2015年10月)。

2点目は、圧倒的、高水準にある金利です。この高金利は、スワップポイントを狙う個人投資家にとって、重要な目の付けどころになります。政策金利7.5%が続くトルコですから、この間に、スワップポイントで利益を上げるチャンスは、いくらでも残されていると考えて良いでしょう。

FXは少額の資金、少ない証拠金でも取引が始められるメリットがあります。ぜひ、これから…という方も、トルコリラでの投資にチャレンジしてみましょう。

トレードプランを持ちましょう

11月 4th, 2015 by admin | 0

FXと言えば、どうもギャンブル的な要素が強いとか…。短期売買で、サッとタイミングを見計らって利益を上げるとか…。そういう発想で、取引に参入しようとする方も多いのですが、実は、それでは、1度や2度、上手くいくことはあっても、長期的に取引を続け、資産運用の目的を果たすことは、なかなか難しいのではないかと思います。

ですから、トレーダーのなかには、トレードプランのようなものを持ちながら、リスクを最小限に減らしている人たちも少なくないのです。プランの最たるものは、損切りのラインを予め決めておくことです。思いもよらぬ損に見舞われてしまうこともありますが、熱くなって、すぐに取り戻そうとするのではなく、「あるライン」を自分で決めておくと、傷を深くせずに、取引を続けることが出来ます。これは、あまりに当たり前すぎるようですが、FX取引を続ける最大の肝のように思えます。

また、トレードを行う際は、決して自分の感覚だけをアテにせず、どこかに必ず別な根拠を求める…。というルールを課しているトレーダーもいます。専門家の記事を探すのも良いでしょうし、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析などを参考にしながら、自分の確信の根拠を、外部に、外部に、と探し求めることも、重要なリスクヘッジのプランの1つでしょう。